三物黄芩湯 (さんもつおうごんとう)

頭痛や手足の火照りをとり除く漢方薬です。3種類の配合生薬は、いずれも熱や炎症をしずめる効果のある生薬です。

三物黄芩湯の配合生薬

黄芩(おうごん)苦参(くじん)地黄(じおう)

三物黄芩湯の効能一覧

手足の火照りが激しく安眠できない場合などに用います。

三物黄芩湯に適応する体質

体力が中くらい以上の人で、不眠や頭痛、口が乾きやすい人に向きます。

三物黄芩湯の副作用や注意点

滅多に重い副作用はありませんが、間質性肺炎と肝障害が報告されています。
万が一、咳や息切れ、呼吸困難、発熱、ひどい倦怠感、白目が黄色くなる、と
いった症状があった場合はすぐに病院に行き、医師に相談してください。

川芎茶調散 (せんきゅうちゃちょうさん)

頭痛を防いだり、抑えるのに用いられる漢方薬です。主薬の「川芎」には、鎮痛作用のほか、血行をよくしたり、生理を順調にする働きがあるといわれます。他の「荊芥」「防風」「薄荷」は頭痛の病因を発散して治します。上記の他、方剤の鎮痛作用を助ける(増す)作用のある生薬で構成されています。

川芎茶調散の配合生薬

甘草(かんぞう)薄荷(はっか)防風(ぼうふう)荊芥(けいがい)香附子(こうぶし)川芎(せんきゅう)白芷(びゃくし)

川芎茶調散の効能一覧

風邪のひき始めの頭痛に好適です。また、女性の生理や更年期にともなう心身の不調の改善に効果があります。

川芎茶調散に適応する体質

体質を問わず使用できますが、やや冷え性の人に向きます。

川芎茶調散の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

三黄瀉心湯 (さんおうしゃしんとう)

三黄瀉心湯に配合されている「黄連」「黄芩」「大黄」は、いずれも熱や炎症を鎮める作用のある生薬です。また「大黄」には、便通をよくする効果もあります。

三黄瀉心湯の配合生薬

黄芩(おうごん)黄連(おうれん)大黄(だいおう)

三黄瀉心湯の効能一覧

のぼせや火照り、鼻血などの出血、イライラ感や不安感、不眠、便秘に効果がある他、高血圧にともなう頭重感や肩こりなどに適しています。

三黄瀉心湯に適応する体質

比較的体力のある人で、イライラすることが多く、便秘がちの人に向く処方です。

三黄瀉心湯の副作用や注意点

滅多に重い副作用はありませんが、間質性肺炎と肝障害が報告されています。
万が一、咳や息切れ、呼吸困難、発熱、ひどい倦怠感、白目が黄色くなる、と
いった症状があった場合はすぐに病院に行き、医師に相談してください。

桃核承気湯 (とうかくじょうきとう)

生理不順や便秘に用いる漢方薬です。配合生薬の「大黄」「芒硝」は漢方の代表的な緩下薬で、お腹が自然に緩くなる効果があります。その他、血行をよくする「桃仁」、のぼせやイライラを発散する「桂枝」、炎症や痛みを緩らげる「甘草」などが配合されています。

桃核承気湯の配合生薬

甘草(かんぞう)桃仁(とうにん)芒硝(ぼうしょう)大黄(だいおう)

桃核承気湯の効能一覧

女性の生理にともなう諸症状の他、腰痛、便秘、頭重感や肩こり、めまいなどに適応します。また、不妊の治療に用いられることもあります。

桃核承気湯に適応する体質

体力・体格のよい人で、顔の血色がよくのぼせやすい人に向きます。

桃核承気湯の副作用や注意点

甘草が含まれているため大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。とくに、服用期間が長くなるときは注意が必要です。

温経湯 (うんけいとう)

血液循環をよくしてホルモンのバランスを整える漢方薬です。体を温める「生姜」、
血行をよくする「当帰」、痛みをやわらげる「芍薬」など、血流を良くし体を温める様々な生薬が配合されています。

温経湯の配合生薬

半夏(はんげ)桂枝(けいし)生姜(しょうきょう)阿膠(あきょう)甘草(かんぞう)呉茱萸(ごしゅゆ)芍薬(しゃくやく)当帰(とうき)人参(にんじん)麦門冬(ばくもんとう)牡丹皮(ぼたんぴ)川芎(せんきゅう)

温経湯の効能一覧

生理不順や生理痛、更年期障害、頭痛、足腰の冷えや痛み、冷えのぼせ、しもやけのときなどに使います。子宮を温める効果もあり、不妊治療に補助的に用いることもあります。

温経湯に適応する体質

どちらかというと女性向けで、冷え性で体力があまりなく、皮膚や唇がかさつく人に向いています。

温経湯の副作用や注意点

食欲不振や吐き気、嘔吐や下痢など、胃腸の弱っている人は慎重に用いる必要があります。配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

麻黄附子細辛湯 (まおうぶしさいしんとう)

風邪のひき始めや気管支炎に用いる漢方薬です。「麻黄」は発汗・発散作用をもつ代表的な生薬であるとともに、西洋医学の気管支拡張薬と同様の作用をし、咳や喘鳴を防ぎます。これに、体を温め痛みを和らげる「附子」と「細辛」とで構成されます。

麻黄附子細辛湯の配合生薬

麻黄(まおう)細辛(さいしん)附子(ぶし)

麻黄附子細辛湯の効能一覧

カゼのひき始めで、倦怠感と悪寒が著しく、微熱、めまい、ふしぶしの痛み、頭痛などをともなうときに用います。

麻黄附子細辛湯に適応する体質

体力があまりなく虚弱なひと、もしくは高齢の人に向いています。

麻黄附子細辛湯の副作用や注意点

「麻黄」には、心臓や血管に負担をかけるエフェドリン類が含まれます。そのため、高血圧や心臓病など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる必要があります。
また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

半夏白朮天麻湯 (はんげびゃくじゅつてんまとう)

水分循環を改善することで、めまいや頭痛を治す漢方薬です。半夏白朮天麻湯は、吐き気や嘔吐をおさえる漢方の重要な生薬「半夏」と利尿作用のある「白朮」、めまいや頭痛を発散して治す「天麻」をはじめ、様々な生薬から成ります。

半夏白朮天麻湯の配合生薬

半夏(はんげ)黄耆(おうぎ)生姜(しょうきょう)麦芽(ばくが)茯苓(ぶくりょう)白朮(びゃくじゅつ)黄柏(おうばく)沢瀉(たくしゃ)陳皮(ちんぴ)天麻(てんま)人参(にんじん)乾姜(かんきょう)

半夏白朮天麻湯の効能一覧

めまいの症状を中心に、頭痛や、吐き気、手足の冷えなどをともなうときに用います。

半夏白朮天麻湯に適応する体質

日頃から胃腸が弱く、冷え性で体力のあまりない人に向く処方です。

半夏白朮天麻湯の副作用や注意点

ほとんど、副作用はありません。人によっては、服用時にむかついたり、 食欲がなくなる場合があります。

大黄牡丹皮湯 (だいおうぼたんぴとう)

女性の月経トラブル、便秘に効果がある漢方薬です。「大黄」「芒硝」は漢方の代表的な緩下薬で、お腹が自然に緩くなる効果があります。その他、血行をよくする「牡丹皮」「桃仁」、炎症をとり体中の悪いものの排出を助ける作用がある「冬瓜子」で構成されています。

大黄牡丹皮湯の配合生薬

大黄(だいおう)冬瓜子(とうがし)桃仁(とうにん)牡丹皮(ぼたんぴ)芒硝(ぼうしょう)

大黄牡丹皮湯の効能一覧

女性の生理不順、重い生理、下腹部痛、便秘、痔などに適応します。また上記の症状にともなう子宮や尿路の病気にも用いられます。

大黄牡丹皮湯に適応する体質

冷え性ではなく、体力のある人。便秘しがちな人。

大黄牡丹皮湯の副作用や注意点

配合生薬の桃仁や牡丹皮、大黄により、妊婦によくない影響を及ぼす可能性があります。大量に服用しなければ、まず心配ありませんが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。

帰脾湯 (きひとう)

胃腸を丈夫にし貧血症状を改善する生薬、滋養強壮作用のある生薬、さらに気分を落ち着かせる生薬が配合されています。

帰脾湯の配合生薬

黄耆(おうぎ)生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)大棗(だいそう)白朮(びゃくじゅつ)甘草(かんぞう)遠志(おんじ)酸棗仁(さんそうにん)当帰(とうき)人参(にんじん)木香(もっこう)竜眼肉(りゅうがんにく)

帰脾湯の効能一覧

胃腸を丈夫にし、貧血症状を改善します。また、不安や緊張感をやわらげ、寝つきをよくします。大きな手術後の不安感などにも適用します。

帰脾湯に適応する体質

体が弱く繊細で、貧血気味、冷え性で疲れやすい人に向く処方です。

帰脾湯の副作用や注意点

配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

柴胡桂枝乾姜湯 (さいこけいしかんきょうとう)

神経の疲れを癒して、心と体の状態をよくする漢方薬です。「柴胡」と「黄芩」を組み合わせることにより、炎症をしずめる効果を高め、「桂枝」で熱や痛みを発散させ、「乾姜」で体をあたため体力を補います。他にも気分を落ち着ける「牡蛎」、のどを潤す「瓜呂根」、炎症や痛みを緩和する「甘草」などが配合されています。

柴胡桂枝乾姜湯の配合生薬

甘草(かんぞう)柴胡(さいこ)牡蛎(ぼれい)桂枝(けいし)黄芩(おうごん)乾姜(かんきょう)

柴胡桂枝乾姜湯の効能一覧

風邪がこじれて微熱や頭痛が続くとき、更年期障害、神経症や不眠症、また精神面が関わる動悸などに適しています。

柴胡桂枝乾姜湯に適応する体質

体力のあまりない繊細な人で、肋骨下部に張りのあるときに向いています。

柴胡桂枝乾姜湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)