あの子に会いたい。中絶手術後後悔が押し寄せる

3日前に中絶しました。20歳大学生です。
彼氏は2つ上で、4月から就職でとても遠距離になってしまうという中、
2月のはじめに、子供が出来たら俺についてきてくれるか?と、二人とも泣きながら、避妊せず行為をしました。

そのとき、初めて、本当にそうなればいいのにと思ったことを強く覚えています。
私は妊娠しづらい体質であり、いままで2年間ゴムをつけずに行為をしていましたが生理が遅れることなど一度もありませんでした。

スポンサーリンク

その二週間後、遠距離になると寂しい思いをさせるからと、彼から別れを告げられました。
予定では14日に生理がくるはずだったのに、3月に入っても生理がこない。

まさかと思いつつ検査薬を3月3日に買いました。くっきりと陽性反応が出ました。すぐに元彼に電話すると、二人とも嬉しくて泣きました。
ですが、彼は社会人一年目になる前。私も大学生。大学を辞めて結婚するなど考えられず、2人で話し合い中絶することにしました。
そのときはまだ、自分の子供がいる実感がありませんでした。
2人で病院に行き、エコーにうつる赤ちゃんを見て、何時間も泣きました。かわいい。

まだ、豆みたいな形だけど、生きているんだ。私の子供なんだ。苦しかったけど、正しい選択なんだと思って、中絶手術の申し込みをしました。

手術の前日、怖くて、悲しくて、ひとりでずっと泣いていました。彼氏は友達と飲みに行っていました。
当日は、ひどく眠たかった。人生で感じたことのないほどの眠気。

病院について、ラミナリアを入れて、ベッドの上で待機しているとき、怖さも悲しみを忘れて深く眠っていました。

手術室にうつって台に座った瞬間から、麻酔をする前に眠ってしまったと思います。

本当に怖いくらい眠たくて、、、赤ちゃんが私の恐怖心を消すためにしてくれたのかな、なんて都合のいいように考えています。
目がさめるとベッドの上。夢のようでした。どこも痛くもない。本当に手術したの?これから?と思ったけど、お腹にはもう赤ちゃんはいない。

もう会えないんだ。と思うと涙が止まらず、その日は一晩眠れずにエコー写真を抱きしめてずっと泣いていました。

私はこんなに痛みも感じず、目にすることもできず、我が子は違う世界に行ってしまった。寂しい。ごめんね。会いたかった。会いに行きたい。死にたい。

それから、寝るたびに自分が妊娠している夢を見ます。ずるい。起きると、夢の中の自分が憎くて、泣く。ずるい。返して。
お金を払ってまで自分の子供を殺すなんて、なんてことをしてしまったんだろう。
会いたくて仕方がないです。学校なんて辞めて産めばよかった。なんで気づかなかったんだろう。
いまはなにも考えられていません。何もかもがどうでもいい。学校もバイトも。
いますぐに妊娠したい。戻ってきてほしい。それしか考えられなくて、何も手につきません。
一人で部屋にいると、なにもできない。食べることも、考えることも。夜も電気が消せない。
この状態から抜け出せる日が来るのか、わかりません。
費用は8万7000円ほどでした。痛みは最初から最後、いまのいままで何も感じません。それがまた私を苦しめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です