中絶後の性行為

工妊娠中絶を経験した女性にとっては、辛い部分もありますが目をそらすことのできないのが、中絶後の性行為についての、あれこれです。

中絶によって、パートナーとの関係が壊れてしまう場合もありますが、そうはならずに中絶後もパートナーとの関係が続く場合には

相手の考え方の次第によっては、中絶後すぐに性行為をしてもいいのか? ダメなのか? と悩まなくてはならないことも生じてきます。

中絶後の性行為についての注意点などをまとめましたので、読んでみてくださいね。

まず、多くの方が疑問に思うのが、「中絶後、性行為はいつからしてもよいのか」ということです。

スポンサーリンク

これは、最短でいつから可能か……という意味でしたら、中絶後の出血が止まれば可能である、と言うことはできます。

中絶後には出血や、中期中絶の場合には悪露が出てくるという現象がありますが、初期中絶でしたら2週間前後

中期中絶の場合には1ヶ月弱すると、そうした出血や悪露は大抵止まります。

もちろん、個人差によって、その期間が長い短いは多少ありますが、その術後の出血が止まれば、性行為自体は「できます」と言ってもよいでしょう。

但し、ここで気をつけていただきたいのは、手術後の妊娠です。

中絶手術後は、一旦妊娠した後ですから、基礎体温法などの避妊方法はまず役に立ちません。

いくら基礎体温を毎日計測しても、ホルモンバランスが崩れた状態ですので、周期も安定せず

どこが排卵日でどこが安全な日なのか、判断することは大変難しく……というよりも、ほぼ不可能になっています。

妊娠した、中絶したという経過がなくとも、基礎体温による避妊は不確実なことが多いのです。

中絶後に基礎体温を測り、避妊をしているつもりになっても、それは「避妊をしていない」ことと同じだと思ってください。

そうなると、最も懸念されるのが、「中絶後の、再びの妊娠」です。中絶手術後、出血が止まったからといって、基礎体温に頼ったり

あるいは全く避妊をせずに性行為を行っていると、知らないあいだに排卵が起き、受精してしまい、月経再開前に再び妊娠してしまう……ということも十分にあり得ます。

このような話を聞くと、中には「まさか! そんなあほな」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、現実的に多い事例だからこそお話しているのです。

諸説はありますが、出産や中絶をした後には、子宮の古い組織が体外に出されて子宮内がキレイになっているので

出産前や中絶前に比べて妊娠(受精卵が着床)しやすい、ということも言われています。

実際に、妊娠しやすいかどうかの体質ということもありますが、中絶手術後にすぐ妊娠し

それも中絶したのにまたすぐ妊娠……と、中絶を繰り返してしまう方がいらっしゃるのも事実です。

従って、望まない妊娠をしたから中絶したのに、その後すぐまた、望まない妊娠をした……というような事態を避けるためには

「出血が止まったから、性行為をしてもよい」という考え方はあまりお勧めすることはできません。

もちろん、身体的には大丈夫なのですよ。出血が完全に止まれば、子宮や膣の機能もある程度回復します。

しかし、やはり多くのクリニックや専門医が、「まずは最初の月経が来るまでは、性行為はおすすめしない」というスタンスをとっています。

そして、最初の月経が来たからといって、基礎体温などの確実性のない方法に頼らず、「避妊をしっかりする」ことも、忘れてはいけません。

残念なことですが、男性の中には、避妊をきちんとしない人、したがらない人、する、したと言い張ってもしっかりしていない人や

すると言うのにいざとなったらしない人……様々な人がいます。

必要だったら避妊をするけど、中絶後すぐはどうせまだ月経が来ないから、避妊はしなくても大丈夫だよね?

と考えている男性もいるはずです。そして、それが最初の排卵日近くにあたってしまい、月経が来ないうちに次の妊娠を体験した女性もまた、少なくはないのです。

女性として必ず覚えておかなくてはならないこと、それは、「最後、自分を守れるのは、自分しかいない」ということ。

パートナーの男性が、あなたを守ってきちんと避妊してくれる人ならば、それでいい。

しかし、もしもそうでなかったとしたら、あなたにはパートナーとお別れするか、そうでなければ、自分で自分を守るしか、方法がありません。

再び人工妊娠中絶をするのを避けたければ、あなたか彼か、あるいは双方が、きちんと避妊をするしかないのです。

ところが、中絶の苦しみを味わうのは女性だけです。

相手の男性は、お財布は打撃になるかもしれませんが、麻酔をかけられるわけでも、身体の中をかき回されるわけでも、陣痛の痛みを味わうわけでもない。

だから、男性の側には、再び中絶をするのなんてイヤダ! という意識はあまり強くはありません。自分を守りたければ、自分で守るしかないのです。

女性ができる避妊の方法は、いくつかあります。たとえば、各種ピルの服用。体質に合ったものを医師と相談してください。

あるいは、IUD(避妊用リング)といわれる、膣内に装着するタイプの避妊具。

ピルと違い、飲み忘れて効果がなくなることがないのが便利ですが、避妊率が100%ではないことと

2年に1度ほど、きちんと装着できているか、癒着などが起きていないか、医師の診察が必要です。ピルでもIUDでも、服用をやめたり

IUDを外したりすれば、妊娠できる身体に戻ることが可能なので、担当医師とよく相談するとよいでしょう。

男性側のできる避妊には、コンドームなどの他に、パイプカットという方法もあります。

ただこれは、女性を妊娠させられる身体に戻ることは難しいので、よく検討されることをおすすめします。

いずれの場合でも、中絶後の性行為については、「今度は妊娠しても大丈夫!」となるまで、必ずきちんと避妊をすること。

中絶手術から何週間が経過したかは、基本的に関係ありません。

避妊できていない場合には、月経がみられなくても、いきなり排卵日にあたって妊娠してしまう可能性があることを、決して忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です