大黄牡丹皮湯 (だいおうぼたんぴとう)

女性の月経トラブル、便秘に効果がある漢方薬です。「大黄」「芒硝」は漢方の代表的な緩下薬で、お腹が自然に緩くなる効果があります。その他、血行をよくする「牡丹皮」「桃仁」、炎症をとり体中の悪いものの排出を助ける作用がある「冬瓜子」で構成されています。

大黄牡丹皮湯の配合生薬

大黄(だいおう)冬瓜子(とうがし)桃仁(とうにん)牡丹皮(ぼたんぴ)芒硝(ぼうしょう)

大黄牡丹皮湯の効能一覧

女性の生理不順、重い生理、下腹部痛、便秘、痔などに適応します。また上記の症状にともなう子宮や尿路の病気にも用いられます。

大黄牡丹皮湯に適応する体質

冷え性ではなく、体力のある人。便秘しがちな人。

大黄牡丹皮湯の副作用や注意点

配合生薬の桃仁や牡丹皮、大黄により、妊婦によくない影響を及ぼす可能性があります。大量に服用しなければ、まず心配ありませんが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です