当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)

血行を良くして、体を温める性質の漢方薬です。貧血症状を改善する主薬の「当帰」、体を温める「芍薬」の2つを主薬として、漢方の代表的な利尿薬である「蒼朮」「沢瀉」「茯苓」などで構成されています。

当帰芍薬散の配合生薬

茯苓(ぶくりょう)蒼朮(そうじゅつ)芍薬(しゃくやく)沢瀉(たくしゃ)当帰(とうき)川芎(せんきゅう)

当帰芍薬散の効能一覧

月経トラブルをはじめ、女性特有の疾患に広く用いられます。具体的には、生理痛、不妊症、むくみ、更年期障害、冷え性などに適応します。

当帰芍薬散に適応する体質

体力がなく、色白で冷え症、やせ型の人に向きます。一般的には女性に用いることが多い漢方薬です。

当帰芍薬散の副作用や注意点

ほとんど副作用はありませんが、稀に服用時にむかついたり、食欲がなくなる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です