柴胡桂枝乾姜湯 (さいこけいしかんきょうとう)

神経の疲れを癒して、心と体の状態をよくする漢方薬です。「柴胡」と「黄芩」を組み合わせることにより、炎症をしずめる効果を高め、「桂枝」で熱や痛みを発散させ、「乾姜」で体をあたため体力を補います。他にも気分を落ち着ける「牡蛎」、のどを潤す「瓜呂根」、炎症や痛みを緩和する「甘草」などが配合されています。

柴胡桂枝乾姜湯の配合生薬

甘草(かんぞう)柴胡(さいこ)牡蛎(ぼれい)桂枝(けいし)黄芩(おうごん)乾姜(かんきょう)

柴胡桂枝乾姜湯の効能一覧

風邪がこじれて微熱や頭痛が続くとき、更年期障害、神経症や不眠症、また精神面が関わる動悸などに適しています。

柴胡桂枝乾姜湯に適応する体質

体力のあまりない繊細な人で、肋骨下部に張りのあるときに向いています。

柴胡桂枝乾姜湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です