桂枝湯 (けいしとう)

体の熱や腫れ、痛みを発散させる漢方薬です。主薬の発汗・発散作用のある「桂枝」をはじめ、5種類の生薬からなります。「桂枝」の他、痛みをやわらげる「芍薬」、体をあたためる「生姜」、緩和作用のある「甘草」などが配合されています。
この漢方薬に「葛根」と「麻黄」を加えると有名な「葛根湯」になります。

桂枝湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)甘草(かんぞう)桂枝(けいし)芍薬(しゃくやく)

桂枝湯の効能一覧

カゼのひき始めで寒気がするとき、他に頭痛や肩こり、筋肉痛、じん麻疹、関節痛などに適応します。

桂枝湯に適応する体質

自然に汗が出やすく、体力のあまりない人に向いています。

桂枝湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です