桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)

血行をよくして熱のバランスを整える漢方薬です。配合生薬の「桂枝」には健胃作用のほか発散作用があり、のぼせや頭痛によいとされます。その他、痛みをとる代表的な生薬の「芍薬」、気分を落ち着け余分な水分を取り除く「茯苓」、血液循環をよくする「桃仁」「牡丹皮」などが配合されています。

桂枝茯苓丸の配合生薬

茯苓(ぶくりょう)桂枝(けいし)芍薬(しゃくやく)桃仁(とうにん)牡丹皮(ぼたんぴ)

桂枝茯苓丸の効能一覧

生理不順や生理痛、頭痛、のどの痛み、肩こり、のぼせ、足の冷えなどに適応します。また、不妊の治療にも用います。

桂枝茯苓丸に適応する体質

体力があり、体格がわりとしっかりした顔が火照りやすい人に向きます。

桂枝茯苓丸の副作用や注意点

配合生薬の桃仁や牡丹皮により、妊婦によくない影響を及ぼす可能性があります。大量に服用しなければ、まず心配ありませんが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です