葛根加朮附湯 (かっこんかじゅつぶとう)

肩こりや神経痛、関節痛などに用いられる漢方薬です。交感神経を刺激し病因を追い出す「麻黄」、穏やかな発汗・発散作用のある「桂枝」、痛みを和らげる「芍薬」、無駄な水分を取り除く「蒼朮」、体を温める「附子」などで構成されています。

葛根加朮附湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)葛根(かっこん)大棗(だいそう)麻黄(まおう)甘草(かんぞう)蒼朮(そうじゅつ)桂枝(けいし)芍薬(しゃくやく)附子(ぶし)

葛根加朮附湯の効能一覧

風邪などに効果のある「葛根湯」に体を温める生薬をさらに足した漢方薬で、寒気が強い場合に用います。肩こり、筋肉痛、神経痛、上半身の関節リウマチ、頭痛などに効果があります。

葛根加朮附湯に適応する体質

体力が中くらいの人に向きます。体力が充実している時や暑がりでのぼせやすい人には不向きです。

葛根加朮附湯の副作用や注意点

「麻黄」には、心臓や血管に負担をかけるエフェドリン類が含まれます。そのため、高血圧や心臓病など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる必要があります。また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です