半夏白朮天麻湯 (はんげびゃくじゅつてんまとう)

水分循環を改善することで、めまいや頭痛を治す漢方薬です。半夏白朮天麻湯は、吐き気や嘔吐をおさえる漢方の重要な生薬「半夏」と利尿作用のある「白朮」、めまいや頭痛を発散して治す「天麻」をはじめ、様々な生薬から成ります。

半夏白朮天麻湯の配合生薬

半夏(はんげ)黄耆(おうぎ)生姜(しょうきょう)麦芽(ばくが)茯苓(ぶくりょう)白朮(びゃくじゅつ)黄柏(おうばく)沢瀉(たくしゃ)陳皮(ちんぴ)天麻(てんま)人参(にんじん)乾姜(かんきょう)

半夏白朮天麻湯の効能一覧

めまいの症状を中心に、頭痛や、吐き気、手足の冷えなどをともなうときに用います。

半夏白朮天麻湯に適応する体質

日頃から胃腸が弱く、冷え性で体力のあまりない人に向く処方です。

半夏白朮天麻湯の副作用や注意点

ほとんど、副作用はありません。人によっては、服用時にむかついたり、 食欲がなくなる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です