桃核承気湯 (とうかくじょうきとう)

生理不順や便秘に用いる漢方薬です。配合生薬の「大黄」「芒硝」は漢方の代表的な緩下薬で、お腹が自然に緩くなる効果があります。その他、血行をよくする「桃仁」、のぼせやイライラを発散する「桂枝」、炎症や痛みを緩らげる「甘草」などが配合されています。

桃核承気湯の配合生薬

甘草(かんぞう)桃仁(とうにん)芒硝(ぼうしょう)大黄(だいおう)

桃核承気湯の効能一覧

女性の生理にともなう諸症状の他、腰痛、便秘、頭重感や肩こり、めまいなどに適応します。また、不妊の治療に用いられることもあります。

桃核承気湯に適応する体質

体力・体格のよい人で、顔の血色がよくのぼせやすい人に向きます。

桃核承気湯の副作用や注意点

甘草が含まれているため大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。とくに、服用期間が長くなるときは注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です