温経湯 (うんけいとう)

血液循環をよくしてホルモンのバランスを整える漢方薬です。体を温める「生姜」、
血行をよくする「当帰」、痛みをやわらげる「芍薬」など、血流を良くし体を温める様々な生薬が配合されています。

温経湯の配合生薬

半夏(はんげ)桂枝(けいし)生姜(しょうきょう)阿膠(あきょう)甘草(かんぞう)呉茱萸(ごしゅゆ)芍薬(しゃくやく)当帰(とうき)人参(にんじん)麦門冬(ばくもんとう)牡丹皮(ぼたんぴ)川芎(せんきゅう)

温経湯の効能一覧

生理不順や生理痛、更年期障害、頭痛、足腰の冷えや痛み、冷えのぼせ、しもやけのときなどに使います。子宮を温める効果もあり、不妊治療に補助的に用いることもあります。

温経湯に適応する体質

どちらかというと女性向けで、冷え性で体力があまりなく、皮膚や唇がかさつく人に向いています。

温経湯の副作用や注意点

食欲不振や吐き気、嘔吐や下痢など、胃腸の弱っている人は慎重に用いる必要があります。配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です