八味地黄丸 (はちみじおうがん)

腎機能低下や糖尿病など体の弱った機能を補う漢方薬です。貧血症状を改善する主薬の「地黄」をはじめ、その「地黄」の効果を高める「山茱萸」「山薬」、水分循環をよくする「沢瀉」、血行を改善する「牡丹皮」など8種類の生薬で構成されています。

八味地黄丸の配合生薬

茯苓(ぶくりょう)山茱萸(さんしゅゆ)桂枝(けいし)山薬(さんやく)地黄(じおう)沢瀉(たくしゃ)附子(ぶし)牡丹皮(ぼたんぴ)

八味地黄丸の効能一覧

腰の痛みやしびれ、夜間頻尿、性機能低下、湿疹などに用います。また、上記症状を伴なう前立腺肥大症や糖尿病にも適応します。

八味地黄丸に適応する体質

体力が低下していて、顔色が悪く、冷えを伴う場合に用います。下腹部に 力が入らなくなった場合も使用目安のひとつです。

八味地黄丸の副作用や注意点

体力があり、のぼせやすい人や胃腸の弱い人には向きません。ほとんど副作用はありませんが、稀に服用時にむかついたり、食欲がなくなる場合があります。

桂枝加竜骨牡蛎湯 (けいしかりゅうこつぼれいとう)

気力をつけることで心の状態をよくする漢方薬です。おだやかな発汗・発散作用がある「桂枝」、気分を落ち着ける作用がある「竜骨」「牡蛎」、痛みをやわらげる「芍薬」、体をあたためる「生姜」、緩和作用のある「甘草」などで構成されています。

桂枝加竜骨牡蛎湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)甘草(かんぞう)竜骨(りゅうこつ)牡蛎(ぼれい)桂枝(けいし)芍薬(しゃくやく)

桂枝加竜骨牡蛎湯の効能一覧

不眠や夜尿症などの他、精神面がかかわる病気に用いられます。また、性的機能の回復にも使われることがあります。

桂枝加竜骨牡蛎湯に適応する体質

体力がない方で、やせて顔色が悪く神経質な人に向きます。

桂枝加竜骨牡蛎湯の副作用や注意点

配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

柴胡加竜骨牡蛎湯 (さいこかりゅうこつぼれいとう)

気持ちの高ぶりを抑えて、心と体を落ち着かせる漢方薬です。炎症を抑える作用のある「柴胡」「黄芩」をはじめ、気を落ち着かせる「竜骨」「牡蛎」病因を発散させる「桂枝」、吐き気やのどがつかえるような症状に効く「半夏」など、計11種類の生薬で構成されています。

柴胡加竜骨牡蛎湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)大棗(だいそう)半夏(はんげ)柴胡(さいこ)竜骨(りゅうこつ)牡蛎(ぼれい)桂枝(けいし)黄芩(おうごん)大黄(だいおう)人参(にんじん)

柴胡加竜骨牡蛎湯の効能一覧

高血圧や動脈硬化、精神面がかかわる疾患全般に効果があります。また、性的機能の低下などにも用います。

柴胡加竜骨牡蛎湯に適応する体質

体力が中くらいで、肋骨下部に張りがあり、のぼせやすい人に向きます。

柴胡加竜骨牡蛎湯の副作用や注意点

胃腸の弱い方は避けた方がよいです。ほとんど副作用はありませんが、稀に服用時にむかついたり、食欲がなくなる場合があります。

加味逍遙散 (かみしょうようさん)

血液循環をよくしてホルモンのバランスを整える漢方薬です。血流をよくして体をあたためる「生姜」、上半身の熱をさます「牡丹皮」、痛みをやわらげる「薄荷」「芍薬」、無駄な水分を取り除く「当帰」、滋養作用をもつ「茯苓」などで構成されています。

加味逍遙散の配合生薬

生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)薄荷(はっか)甘草(かんぞう)柴胡(さいこ)山梔子(さんしし)蒼朮(そうじゅつ)芍薬(しゃくやく)当帰(とうき)牡丹皮(ぼたんぴ)

加味逍遙散の効能一覧

生理不順や生理痛、頭痛、倦怠感、不眠、アレルギー性の諸症状などに適します。イライラや不安からの肌荒れやにきびに効果がある他、下半身の症状(膀胱炎、インポテンツなど)にも適応します。また、大きな手術後の不安感を抑えるのにも用いられることもあります。

加味逍遙散に適応する体質

比較的体力がなく虚弱で疲れやすい人に向きます。

加味逍遙散の副作用や注意点

配合生薬の牡丹皮が、妊婦によくない影響を及ぼす可能性があります。大量でなければまず心配ありませんが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。

また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。