半夏白朮天麻湯 (はんげびゃくじゅつてんまとう)

水分循環を改善することで、めまいや頭痛を治す漢方薬です。半夏白朮天麻湯は、吐き気や嘔吐をおさえる漢方の重要な生薬「半夏」と利尿作用のある「白朮」、めまいや頭痛を発散して治す「天麻」をはじめ、様々な生薬から成ります。

半夏白朮天麻湯の配合生薬

半夏(はんげ)黄耆(おうぎ)生姜(しょうきょう)麦芽(ばくが)茯苓(ぶくりょう)白朮(びゃくじゅつ)黄柏(おうばく)沢瀉(たくしゃ)陳皮(ちんぴ)天麻(てんま)人参(にんじん)乾姜(かんきょう)

半夏白朮天麻湯の効能一覧

めまいの症状を中心に、頭痛や、吐き気、手足の冷えなどをともなうときに用います。

半夏白朮天麻湯に適応する体質

日頃から胃腸が弱く、冷え性で体力のあまりない人に向く処方です。

半夏白朮天麻湯の副作用や注意点

ほとんど、副作用はありません。人によっては、服用時にむかついたり、 食欲がなくなる場合があります。

当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)

血行を良くして、体を温める性質の漢方薬です。貧血症状を改善する主薬の「当帰」、体を温める「芍薬」の2つを主薬として、漢方の代表的な利尿薬である「蒼朮」「沢瀉」「茯苓」などで構成されています。

当帰芍薬散の配合生薬

茯苓(ぶくりょう)蒼朮(そうじゅつ)芍薬(しゃくやく)沢瀉(たくしゃ)当帰(とうき)川芎(せんきゅう)

当帰芍薬散の効能一覧

月経トラブルをはじめ、女性特有の疾患に広く用いられます。具体的には、生理痛、不妊症、むくみ、更年期障害、冷え性などに適応します。

当帰芍薬散に適応する体質

体力がなく、色白で冷え症、やせ型の人に向きます。一般的には女性に用いることが多い漢方薬です。

当帰芍薬散の副作用や注意点

ほとんど副作用はありませんが、稀に服用時にむかついたり、食欲がなくなる場合があります。

防風通聖散 (ぼうふうつうしょうさん)

高血圧に伴なう諸症状に用いる漢方薬です。「防風」や「麻黄」など病因を発散して治す発散性の生薬を中心に、熱や炎症をさますもの、便通をよくするもの、無駄な水分を取り去るもの、あるいは血流をよくする生薬などが色々と配合されています。

防風通聖散の配合生薬

桔梗(ききょう)生姜(しょうきょう)白朮(びゃくじゅつ)薄荷(はっか)麻黄(まおう)甘草(かんぞう)山梔子(さんしし)防風(ぼうふう)連翹(れんぎょう)黄芩(おうごん)滑石(かっせき)荊芥(けいがい)芍薬(しゃくやく)石膏(せっこう)大黄(だいおう)当帰(とうき)川芎(せんきゅう)芒硝(ぼうしょう)

防風通聖散の効能一覧

動悸、肩こり、のぼせなどの症状、他に便秘、尿量減少、肥満、むくみなどの解消に用います。最近では、痛風の治療に用いられることが多くなっています。

防風通聖散に適応する体質

高血圧の傾向があり、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちな人に向きます。

防風通聖散の副作用や注意点

「麻黄」には、心臓や血管に負担をかけるエフェドリン類が含まれます。そのため、高血圧や心臓病など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる必要があります。

また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

釣藤散 (ちょうとうさん)

頭痛やめまいの治療によく用いられる漢方薬です。主薬の「釣藤鈎」には、脳血管を広げて脳循環をよくする作用があります。「石膏」は、充血や炎症をひき、のぼせをさます役割りをします。そのほか、水分循環をよくし、めまいや耳鳴りを改善する「茯苓」「半夏」、さらに、痛みを発散する「防風」「菊花」、滋養・強壮作用のある「人参」などで構成されています。

釣藤散の配合生薬

生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)半夏(はんげ)甘草(かんぞう)防風(ぼうふう)菊花(きくか)石膏(せっこう)釣藤鈎(ちょうとうこう)陳皮(ちんぴ)人参(にんじん)麦門冬(ばくもんとう)

釣藤散の効能一覧

頭痛、めまい、眼の充血、耳鳴り、肩こり、のぼせ、不眠など、高血圧や動脈硬化に伴う諸症状に適用します。起床時から午前中にかけての頭痛に効果があります。

釣藤散に適応する体質

中年以降で体力が中くらい、のぼせやすく高血圧の人に向く処方です。

釣藤散の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)

血行をよくして熱のバランスを整える漢方薬です。配合生薬の「桂枝」には健胃作用のほか発散作用があり、のぼせや頭痛によいとされます。その他、痛みをとる代表的な生薬の「芍薬」、気分を落ち着け余分な水分を取り除く「茯苓」、血液循環をよくする「桃仁」「牡丹皮」などが配合されています。

桂枝茯苓丸の配合生薬

茯苓(ぶくりょう)桂枝(けいし)芍薬(しゃくやく)桃仁(とうにん)牡丹皮(ぼたんぴ)

桂枝茯苓丸の効能一覧

生理不順や生理痛、頭痛、のどの痛み、肩こり、のぼせ、足の冷えなどに適応します。また、不妊の治療にも用います。

桂枝茯苓丸に適応する体質

体力があり、体格がわりとしっかりした顔が火照りやすい人に向きます。

桂枝茯苓丸の副作用や注意点

配合生薬の桃仁や牡丹皮により、妊婦によくない影響を及ぼす可能性があります。大量に服用しなければ、まず心配ありませんが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。