桃核承気湯 (とうかくじょうきとう)

生理不順や便秘に用いる漢方薬です。配合生薬の「大黄」「芒硝」は漢方の代表的な緩下薬で、お腹が自然に緩くなる効果があります。その他、血行をよくする「桃仁」、のぼせやイライラを発散する「桂枝」、炎症や痛みを緩らげる「甘草」などが配合されています。

桃核承気湯の配合生薬

甘草(かんぞう)桃仁(とうにん)芒硝(ぼうしょう)大黄(だいおう)

桃核承気湯の効能一覧

女性の生理にともなう諸症状の他、腰痛、便秘、頭重感や肩こり、めまいなどに適応します。また、不妊の治療に用いられることもあります。

桃核承気湯に適応する体質

体力・体格のよい人で、顔の血色がよくのぼせやすい人に向きます。

桃核承気湯の副作用や注意点

甘草が含まれているため大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。とくに、服用期間が長くなるときは注意が必要です。

温経湯 (うんけいとう)

血液循環をよくしてホルモンのバランスを整える漢方薬です。体を温める「生姜」、
血行をよくする「当帰」、痛みをやわらげる「芍薬」など、血流を良くし体を温める様々な生薬が配合されています。

温経湯の配合生薬

半夏(はんげ)桂枝(けいし)生姜(しょうきょう)阿膠(あきょう)甘草(かんぞう)呉茱萸(ごしゅゆ)芍薬(しゃくやく)当帰(とうき)人参(にんじん)麦門冬(ばくもんとう)牡丹皮(ぼたんぴ)川芎(せんきゅう)

温経湯の効能一覧

生理不順や生理痛、更年期障害、頭痛、足腰の冷えや痛み、冷えのぼせ、しもやけのときなどに使います。子宮を温める効果もあり、不妊治療に補助的に用いることもあります。

温経湯に適応する体質

どちらかというと女性向けで、冷え性で体力があまりなく、皮膚や唇がかさつく人に向いています。

温経湯の副作用や注意点

食欲不振や吐き気、嘔吐や下痢など、胃腸の弱っている人は慎重に用いる必要があります。配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)

血行を良くして、体を温める性質の漢方薬です。貧血症状を改善する主薬の「当帰」、体を温める「芍薬」の2つを主薬として、漢方の代表的な利尿薬である「蒼朮」「沢瀉」「茯苓」などで構成されています。

当帰芍薬散の配合生薬

茯苓(ぶくりょう)蒼朮(そうじゅつ)芍薬(しゃくやく)沢瀉(たくしゃ)当帰(とうき)川芎(せんきゅう)

当帰芍薬散の効能一覧

月経トラブルをはじめ、女性特有の疾患に広く用いられます。具体的には、生理痛、不妊症、むくみ、更年期障害、冷え性などに適応します。

当帰芍薬散に適応する体質

体力がなく、色白で冷え症、やせ型の人に向きます。一般的には女性に用いることが多い漢方薬です。

当帰芍薬散の副作用や注意点

ほとんど副作用はありませんが、稀に服用時にむかついたり、食欲がなくなる場合があります。

桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)

血行をよくして熱のバランスを整える漢方薬です。配合生薬の「桂枝」には健胃作用のほか発散作用があり、のぼせや頭痛によいとされます。その他、痛みをとる代表的な生薬の「芍薬」、気分を落ち着け余分な水分を取り除く「茯苓」、血液循環をよくする「桃仁」「牡丹皮」などが配合されています。

桂枝茯苓丸の配合生薬

茯苓(ぶくりょう)桂枝(けいし)芍薬(しゃくやく)桃仁(とうにん)牡丹皮(ぼたんぴ)

桂枝茯苓丸の効能一覧

生理不順や生理痛、頭痛、のどの痛み、肩こり、のぼせ、足の冷えなどに適応します。また、不妊の治療にも用います。

桂枝茯苓丸に適応する体質

体力があり、体格がわりとしっかりした顔が火照りやすい人に向きます。

桂枝茯苓丸の副作用や注意点

配合生薬の桃仁や牡丹皮により、妊婦によくない影響を及ぼす可能性があります。大量に服用しなければ、まず心配ありませんが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。