越婢加朮湯 (えっぴかじゅつとう)

腎炎、関節リウマチなどに用いられる漢方薬です。交感神経を刺激し、病気の原因を追い出す「麻黄」、熱を下げる効果のある「石膏」、無駄な水分を取り除く「蒼朮」その他、体を温める「生姜」などで構成されています。

越婢加朮湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)麻黄(まおう)甘草(かんぞう)蒼朮(そうじゅつ)石膏(せっこう)

越婢加朮湯の効能一覧

腎炎、ネフローゼ、痛風、関節リウマチ、喘息などに適応します。体の熱や腫れ、痛みを発散させて治します。

越婢加朮湯に適応する体質

体力がある人で口が渇きやすく、尿量が減少している人に向いています。 また、浮腫みなども処方の目安になります。

越婢加朮湯の副作用や注意点

「麻黄」には、心臓や血管に負担をかけるエフェドリン類が含まれます。そのため、高血圧や心臓病など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる必要があります。また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

麻黄湯 (まおうとう)

体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散して治漢方薬です。配合生薬は4種で、そのうちの「麻黄」は西洋医学の気管支拡張薬と同様の作用をし、咳や喘鳴を防ぎます。他に発散作用のある「桂枝」、緩和作用をもつ「甘草」、鎮咳・去痰作用のある「杏仁」で構成されています。

麻黄湯の配合生薬

杏仁(きょうにん)麻黄(まおう)甘草(かんぞう)桂枝(けいし)

麻黄湯の効能一覧

カゼのひき始めでゾクっと寒気がする時や発熱、ふしぶしの痛み、頭痛がある場合に用います。そのほか、鼻づまり、関節リウマチ、喘息などに適応します。

麻黄湯に適応する体質

体力が十分ある人に適します。体の弱っている人には不向きです。

麻黄湯の副作用や注意点

「麻黄」には、心臓や血管に負担をかけるエフェドリン類が含まれます。そのため、高血圧や心臓病など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる必要があります。
また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

滋陰降火湯 (じいんこうかとう)

のどを潤し、咳をしずめる漢方薬です。鎮咳・去痰作用のある「麦門冬」や「天門冬」、熱や炎症をさます「知母」や「黄柏」、痛みをやわらげる「芍薬」、血行をよくする「当帰」や「地黄」、緩和作用のある「甘草」などが配合されています。

滋陰降火湯の配合生薬

知母(ちも)白朮(びゃくじゅつ)甘草(かんぞう)黄柏(おうばく)地黄(じおう)芍薬(しゃくやく)陳皮(ちんぴ)天門冬(てんもんどう)当帰(とうき)麦門冬(ばくもんとう)

滋陰降火湯の効能一覧

気管支炎、喘息などの呼吸器系の病気が長びき、痰が粘って切れにくく、激しく咳こむときや微熱が続くときに用います。

滋陰降火湯に適応する体質

皮膚が浅黒く乾燥し、体力が低下している人に向く処方です。

滋陰降火湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

小柴胡湯 (しょうさいことう)

最もよく処方される漢方薬のひとつで肝臓に関する症状によい漢方薬です。主薬の「柴胡」をはじめ、下記の7種類の生薬からなります。「柴胡」と「黄芩」の組み合わせにより、炎症をしずめる効果が高まります。「半夏」は、胸のつかえ感や吐き気をおさえる生薬です。そのほか、滋養作用のある「人参」、炎症や痛みを緩らげる「甘草」などが配合されています。

小柴胡湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)半夏(はんげ)甘草(かんぞう)柴胡(さいこ)黄芩(おうごん)人参(にんじん)

小柴胡湯の効能一覧

肝炎や胃炎、吐き気、食欲不振、少しこじれたカゼなどに適しています。 気を落ち着かせる性質を持っているので、精神面が関わる疾患にも用いられます。また、喘息などのアレルギーや免疫系がかかわる病気にも処方されます。

小柴胡湯に適応する体質

体力が中くらいで、のぼせやすく、肋骨下部に張りを感じる人に向きます。

小柴胡湯の副作用や注意点

甘草が含まれているため大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。とくに、服用期間が長くなるときは注意が必要です。

柴苓湯 (さいれいとう)

水分循環を改善し、無駄な水分を取り除く漢方薬です。漢方の基本処方である小柴胡湯と五苓散を合わせた方剤です。利尿作用や炎症を抑える作用に優れます。

柴苓湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)大棗(だいそう)半夏(はんげ)白朮(びゃくじゅつ)甘草(かんぞう)柴胡(さいこ)桂枝(けいし)黄芩(おうごん)沢瀉(たくしゃ)猪苓(ちょれい)人参(にんじん)

柴苓湯の効能一覧

急性胃腸炎、むくみ、頭痛、咳、通風、暑気あたり(夏バテ)などに効果があります。また、喘息などのアレルギーや免疫系がかかわる病気にも処方されます。

柴苓湯に適応する体質

体力が中くらいで、口が渇きやすく尿量が少ない人に向きます。

柴苓湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

滅多に重い副作用はありませんが、間質性肺炎と肝障害が報告されています。
ただ、これは長期間服用した場合で用法・用量を守れば、問題ありません。

六君子湯 (りっくんしとう)

胃腸の働きをよくする漢方薬です。無駄な水分を取り除く「蒼朮」と「茯苓」、滋養作用のある「人参」、吐き気をおさえる「半夏」、健胃薬の「陳皮」、緩和作用の「甘草」などで構成されています。

六君子湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)大棗(だいそう)半夏(はんげ)甘草(かんぞう)蒼朮(そうじゅつ)陳皮(ちんぴ)人参(にんじん)

六君子湯の効能一覧

胃もたれ、吐き気、食欲不振、軟便、関節炎、各種アレルギー症状などに適用します。特に、みぞおちあたりを軽くたたくとピチャピチャ音がするときに用います。

六君子湯に適応する体質

やせ型で冷え性、顔色が悪く疲れやすい人に向きます。

六君子湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

五虎湯 (ごことう)

喘息の治療によく使われます。「麻黄」は気管支拡張作用、抗アレルギー作用などがあり、咳や喘鳴を鎮める効果があります。他に急性の気管支炎によいと言われる「桑白皮」、痰を出させる作用のある「杏仁」、熱や腫れをしずめる「石膏」、各種症状を緩らげる「甘草」で構成されています。

五虎湯の配合生薬

杏仁(きょうにん)麻黄(まおう)甘草(かんぞう)石膏(せっこう)桑白皮(そうはくひ)

五虎湯の効能一覧

喘息のときの激しい咳や急性の気管支炎に用います。気管支を広げ、痰を出しやすくして呼吸を楽にします。

五虎湯に適応する体質

比較的体力がある人で、熱があるときに適します。

五虎湯の副作用や注意点

「麻黄」には、心臓や血管に負担をかけるエフェドリン類が含まれます。 そのため、高血圧や心臓病など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる 必要があります。

また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)

血行をよくして熱のバランスを整える漢方薬です。配合生薬の「桂枝」には健胃作用のほか発散作用があり、のぼせや頭痛によいとされます。その他、痛みをとる代表的な生薬の「芍薬」、気分を落ち着け余分な水分を取り除く「茯苓」、血液循環をよくする「桃仁」「牡丹皮」などが配合されています。

桂枝茯苓丸の配合生薬

茯苓(ぶくりょう)桂枝(けいし)芍薬(しゃくやく)桃仁(とうにん)牡丹皮(ぼたんぴ)

桂枝茯苓丸の効能一覧

生理不順や生理痛、頭痛、のどの痛み、肩こり、のぼせ、足の冷えなどに適応します。また、不妊の治療にも用います。

桂枝茯苓丸に適応する体質

体力があり、体格がわりとしっかりした顔が火照りやすい人に向きます。

桂枝茯苓丸の副作用や注意点

配合生薬の桃仁や牡丹皮により、妊婦によくない影響を及ぼす可能性があります。大量に服用しなければ、まず心配ありませんが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。

小青竜湯 (しょうせいりゅうとう)

喘息や花粉症に用いられる漢方薬です。配合生薬の「麻黄」には気管支拡張作用、抗アレルギー作用などがあり、咳などを鎮める効果があります。その他、発散作用のある「桂枝」、痛みを和らげる「芍薬」、咳やアレルギー症状をおさえる「半夏」「五味子」「細辛」などで構成されています。

小青竜湯の配合生薬

半夏(はんげ)麻黄(まおう)甘草(かんぞう)桂枝(けいし)五味子(ごみし)細辛(さいしん)芍薬(しゃくやく)乾姜(かんきょう)

小青竜湯の効能一覧

気管支喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などに用います。

小青竜湯に適応する体質

冷え性で体力が中くらいの人に向きます。

小青竜湯の副作用や注意点

「麻黄」には、心臓や血管に負担をかけるエフェドリン類が含まれます。そのため、高血圧や心臓病など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる必要があります。

また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

麦門冬湯 (ばくもんどうとう)

自立神経の緊張を解く働きがある漢方薬です。主薬の「麦門冬」をはじめ6種類の生薬からなります。痰を出しやすくする主薬の「麦門冬」、こみ上げる咳や吐き気をしずめる「半夏」、滋養強壮作用のある「人参」、のどの炎症を抑える「粳米」、痛みを緩和し咳を鎮める「甘草」から成り立っています。

麦門冬湯の配合生薬

大棗(だいそう)半夏(はんげ)甘草(かんぞう)人参(にんじん)麦門冬(ばくもんとう)粳米(こうべい)

麦門冬湯の効能一覧

痰の少ない乾いた咳、または痰の切れにくい咳などに用いられます。その他、気管支炎、気管支ぜんそくにも用いられます。

麦門冬湯に適応する体質

体力が中くらいで、咳こんで顔が紅潮するような時に向きます。

麦門冬湯の副作用や注意点

配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。