加味逍遙散 (かみしょうようさん)

血液循環をよくしてホルモンのバランスを整える漢方薬です。血流をよくして体をあたためる「生姜」、上半身の熱をさます「牡丹皮」、痛みをやわらげる「薄荷」「芍薬」、無駄な水分を取り除く「当帰」、滋養作用をもつ「茯苓」などで構成されています。

加味逍遙散の配合生薬

生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)薄荷(はっか)甘草(かんぞう)柴胡(さいこ)山梔子(さんしし)蒼朮(そうじゅつ)芍薬(しゃくやく)当帰(とうき)牡丹皮(ぼたんぴ)

加味逍遙散の効能一覧

生理不順や生理痛、頭痛、倦怠感、不眠、アレルギー性の諸症状などに適します。イライラや不安からの肌荒れやにきびに効果がある他、下半身の症状(膀胱炎、インポテンツなど)にも適応します。また、大きな手術後の不安感を抑えるのにも用いられることもあります。

加味逍遙散に適応する体質

比較的体力がなく虚弱で疲れやすい人に向きます。

加味逍遙散の副作用や注意点

配合生薬の牡丹皮が、妊婦によくない影響を及ぼす可能性があります。大量でなければまず心配ありませんが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。

また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

六君子湯 (りっくんしとう)

胃腸の働きをよくする漢方薬です。無駄な水分を取り除く「蒼朮」と「茯苓」、滋養作用のある「人参」、吐き気をおさえる「半夏」、健胃薬の「陳皮」、緩和作用の「甘草」などで構成されています。

六君子湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)大棗(だいそう)半夏(はんげ)甘草(かんぞう)蒼朮(そうじゅつ)陳皮(ちんぴ)人参(にんじん)

六君子湯の効能一覧

胃もたれ、吐き気、食欲不振、軟便、関節炎、各種アレルギー症状などに適用します。特に、みぞおちあたりを軽くたたくとピチャピチャ音がするときに用います。

六君子湯に適応する体質

やせ型で冷え性、顔色が悪く疲れやすい人に向きます。

六君子湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

小青竜湯 (しょうせいりゅうとう)

喘息や花粉症に用いられる漢方薬です。配合生薬の「麻黄」には気管支拡張作用、抗アレルギー作用などがあり、咳などを鎮める効果があります。その他、発散作用のある「桂枝」、痛みを和らげる「芍薬」、咳やアレルギー症状をおさえる「半夏」「五味子」「細辛」などで構成されています。

小青竜湯の配合生薬

半夏(はんげ)麻黄(まおう)甘草(かんぞう)桂枝(けいし)五味子(ごみし)細辛(さいしん)芍薬(しゃくやく)乾姜(かんきょう)

小青竜湯の効能一覧

気管支喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などに用います。

小青竜湯に適応する体質

冷え性で体力が中くらいの人に向きます。

小青竜湯の副作用や注意点

「麻黄」には、心臓や血管に負担をかけるエフェドリン類が含まれます。そのため、高血圧や心臓病など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる必要があります。

また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

補中益気湯 (ほちゅうえっきとう)

胃腸の働きをよくして体力を回復をさせる漢方薬です。滋養強壮作用のある「人参」「黄耆」、水分循環をよくする「蒼朮」、胃腸の働きをよくする「陳皮」や「生姜」、炎症をひかせる「柴胡」、血液循環を良くして貧血症状を改善する「当帰」、のどの痛みや痔を治す「升麻」などで構成されています。

補中益気湯の配合生薬

黄耆(おうぎ)生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)甘草(かんぞう)柴胡(さいこ)蒼朮(そうじゅつ)升麻(しょうま)陳皮(ちんぴ)当帰(とうき)人参(にんじん)

補中益気湯の効能一覧

体の疲れ、食欲不振、胃弱、夏やせ、痔、病中・病後・手術後などで体力が弱っているときに用います。また、疲れによる肌荒れ、にきびなどの他、各種アレルギー症状を緩和する作用もあります。

補中益気湯に適応する体質

元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて疲れやすい人に適します。

補中益気湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)