荊芥連翹湯 (けいがいれんぎょうとう)

体の熱や腫れをひき、血液循環をよくする漢方薬です。熱や炎症をさますもの、病因を発散させるもの、痰や膿を排出するもの、あるいは血流をよくする生薬などがいろいろと配合されています。

荊芥連翹湯の配合生薬

桔梗(ききょう)枳実(きじつ)薄荷(はっか)甘草(かんぞう)黄柏(おうばく)柴胡(さいこ)山梔子(さんしし)防風(ぼうふう)連翹(れんぎょう)黄芩(おうごん)黄連(おうれん)荊芥(けいがい)地黄(じおう)芍薬(しゃくやく)当帰(とうき)川芎(せんきゅう)白芷(びゃくし)

荊芥連翹湯の効能一覧

蓄膿症や慢性鼻炎、扁桃炎、炎症をともなうニキビや湿疹などに適応します。

荊芥連翹湯に適応する体質

筋肉質で手足の裏に汗をかきやすい人。血の巡りが悪く、皮膚が浅黒い人に向いています。

荊芥連翹湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)