半夏瀉心湯 (はんげしゃしんとう)

胃腸の働きをよくする漢方薬です。主薬の「半夏」は吐き気をおさえるための重要な生薬です。瀉心湯類に特徴的な「黄芩」と「黄連」の組み合わせは、みぞおちの張りやつかえをとり、熱や炎症をさまします。さらに、健胃作用や緩和作用のある「乾姜」「大棗」「甘草」などで構成されています。

半夏瀉心湯の配合生薬

大棗(だいそう)半夏(はんげ)甘草(かんぞう)黄芩(おうごん)黄連(おうれん)人参(にんじん)乾姜(かんきょう)

半夏瀉心湯の効能一覧

食欲不振や胃もたれ、吐き気や嘔吐があるとき、お腹がゴロゴロいって下痢ぎみの人に適します。最近では逆流性食道炎の治療に用いられたり、「猪苓湯」「十味敗毒湯」との併用で痛風の治療に使われたりします。また、抗がん剤や放射線の副作用による下痢にも効果があります。

半夏瀉心湯に適応する体質

特に体質は問いませんが、体力のない人にはやや向きません。

半夏瀉心湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

六君子湯 (りっくんしとう)

胃腸の働きをよくする漢方薬です。無駄な水分を取り除く「蒼朮」と「茯苓」、滋養作用のある「人参」、吐き気をおさえる「半夏」、健胃薬の「陳皮」、緩和作用の「甘草」などで構成されています。

六君子湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)大棗(だいそう)半夏(はんげ)甘草(かんぞう)蒼朮(そうじゅつ)陳皮(ちんぴ)人参(にんじん)

六君子湯の効能一覧

胃もたれ、吐き気、食欲不振、軟便、関節炎、各種アレルギー症状などに適用します。特に、みぞおちあたりを軽くたたくとピチャピチャ音がするときに用います。

六君子湯に適応する体質

やせ型で冷え性、顔色が悪く疲れやすい人に向きます。

六君子湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

半夏厚朴湯 (はんげこうぼくとう)

気分を落ち着かせ、咳や吐き気をおさえる漢方薬です。水分循環をよくし鎮静作用のある「茯苓」、体をあたため胃腸の働きをよくする「生姜」、のどのつかえ感や吐き気を抑え、気分を落ち着かせる効果の「半夏」「厚朴」「蘇葉」が含まれています。

半夏厚朴湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)半夏(はんげ)厚朴(こうぼく)紫蘇葉(そよう、しそよう)

半夏厚朴湯の効能一覧

のどに異物感のある神経性胃炎、それに伴なう咳を鎮めたいときに使用します。
最近では逆流性食道炎の治療にも用いられます。単独で用いるほか、喘息の治療には小柴胡湯と組み合わせた「柴朴湯」と呼ばれるものを使用することが多いです。

半夏厚朴湯に適応する体質

心身ともに疲れやすく、冷え症でうつ傾向のある人に向きます。気分がふさいで、
のどがつかえるような感覚がある時によく用いられます。

半夏厚朴湯の副作用や注意点

ほとんど、副作用はありません。人によっては、服用時にむかついたり、食欲がなくなる場合があります。