補中益気湯 (ほちゅうえっきとう)

胃腸の働きをよくして体力を回復をさせる漢方薬です。滋養強壮作用のある「人参」「黄耆」、水分循環をよくする「蒼朮」、胃腸の働きをよくする「陳皮」や「生姜」、炎症をひかせる「柴胡」、血液循環を良くして貧血症状を改善する「当帰」、のどの痛みや痔を治す「升麻」などで構成されています。

補中益気湯の配合生薬

黄耆(おうぎ)生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)甘草(かんぞう)柴胡(さいこ)蒼朮(そうじゅつ)升麻(しょうま)陳皮(ちんぴ)当帰(とうき)人参(にんじん)

補中益気湯の効能一覧

体の疲れ、食欲不振、胃弱、夏やせ、痔、病中・病後・手術後などで体力が弱っているときに用います。また、疲れによる肌荒れ、にきびなどの他、各種アレルギー症状を緩和する作用もあります。

補中益気湯に適応する体質

元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて疲れやすい人に適します。

補中益気湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)