三黄瀉心湯 (さんおうしゃしんとう)

三黄瀉心湯に配合されている「黄連」「黄芩」「大黄」は、いずれも熱や炎症を鎮める作用のある生薬です。また「大黄」には、便通をよくする効果もあります。

三黄瀉心湯の配合生薬

黄芩(おうごん)黄連(おうれん)大黄(だいおう)

三黄瀉心湯の効能一覧

のぼせや火照り、鼻血などの出血、イライラ感や不安感、不眠、便秘に効果がある他、高血圧にともなう頭重感や肩こりなどに適しています。

三黄瀉心湯に適応する体質

比較的体力のある人で、イライラすることが多く、便秘がちの人に向く処方です。

三黄瀉心湯の副作用や注意点

滅多に重い副作用はありませんが、間質性肺炎と肝障害が報告されています。
万が一、咳や息切れ、呼吸困難、発熱、ひどい倦怠感、白目が黄色くなる、と
いった症状があった場合はすぐに病院に行き、医師に相談してください。

釣藤散 (ちょうとうさん)

頭痛やめまいの治療によく用いられる漢方薬です。主薬の「釣藤鈎」には、脳血管を広げて脳循環をよくする作用があります。「石膏」は、充血や炎症をひき、のぼせをさます役割りをします。そのほか、水分循環をよくし、めまいや耳鳴りを改善する「茯苓」「半夏」、さらに、痛みを発散する「防風」「菊花」、滋養・強壮作用のある「人参」などで構成されています。

釣藤散の配合生薬

生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)半夏(はんげ)甘草(かんぞう)防風(ぼうふう)菊花(きくか)石膏(せっこう)釣藤鈎(ちょうとうこう)陳皮(ちんぴ)人参(にんじん)麦門冬(ばくもんとう)

釣藤散の効能一覧

頭痛、めまい、眼の充血、耳鳴り、肩こり、のぼせ、不眠など、高血圧や動脈硬化に伴う諸症状に適用します。起床時から午前中にかけての頭痛に効果があります。

釣藤散に適応する体質

中年以降で体力が中くらい、のぼせやすく高血圧の人に向く処方です。

釣藤散の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

補陽還五湯 (ほようかんごとう)

脳梗塞や小児麻痺、頭部外傷などによる後遺症の改善に用いられます。 滋養強壮作用のある「黄耆」、痛みを和らげる効果のある「芍薬」、血栓を溶かす成分が含まれる「地竜」その他血行をよくする生薬で構成されています。

補陽還五湯の配合生薬

黄耆(おうぎ)紅花(こうか)芍薬(しゃくやく)当帰(とうき)桃仁(とうにん)川芎(せんきゅう)地竜(じりゅう)

補陽還五湯の効能一覧

頭部外傷や高血圧及び脳梗塞や小児麻痺によって起こる半身不随、顔面の引きつり、言語障害、脳軟化症の強壮と補助療法に効果があると言われています。

補陽還五湯に適応する体質

血の量が不足気味で、出血性の症状がない人。

補陽還五湯の副作用や注意点

ほとんど、副作用はありません。人によっては、服用時にむかついたり、食欲がなくなる場合があります。

柴胡加竜骨牡蛎湯 (さいこかりゅうこつぼれいとう)

気持ちの高ぶりを抑えて、心と体を落ち着かせる漢方薬です。炎症を抑える作用のある「柴胡」「黄芩」をはじめ、気を落ち着かせる「竜骨」「牡蛎」病因を発散させる「桂枝」、吐き気やのどがつかえるような症状に効く「半夏」など、計11種類の生薬で構成されています。

柴胡加竜骨牡蛎湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)大棗(だいそう)半夏(はんげ)柴胡(さいこ)竜骨(りゅうこつ)牡蛎(ぼれい)桂枝(けいし)黄芩(おうごん)大黄(だいおう)人参(にんじん)

柴胡加竜骨牡蛎湯の効能一覧

高血圧や動脈硬化、精神面がかかわる疾患全般に効果があります。また、性的機能の低下などにも用います。

柴胡加竜骨牡蛎湯に適応する体質

体力が中くらいで、肋骨下部に張りがあり、のぼせやすい人に向きます。

柴胡加竜骨牡蛎湯の副作用や注意点

胃腸の弱い方は避けた方がよいです。ほとんど副作用はありませんが、稀に服用時にむかついたり、食欲がなくなる場合があります。

大柴胡湯 (だいさいことう)

体の熱や炎症をとって痛みを和らげる漢方薬です。炎症をしずめる効果のある主薬の「柴胡」をはじめ、胸のつかえ感や吐き気をおさえる「半夏」「枳実」、痛みをとる「芍薬」、便通がよくなる「大黄」など様々な生薬で構成されています。

大柴胡湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)枳実(きじつ)大棗(だいそう)半夏(はんげ)柴胡(さいこ)黄芩(おうごん)芍薬(しゃくやく)大黄(だいおう)

大柴胡湯の効能一覧

肝臓や胆のうの病気、胃腸の病気、便秘や痔、頭痛、肩こり、痛風、のどの痛み、めまい、耳鳴りなどに適応します。肥満の解消にもよいとされます。

大柴胡湯に適応する体質

体力のある人で便秘がち、鳩尾から肋骨下部が強く張っている人に向く処方です。比較的、高血圧の人に向きます。

大柴胡湯の副作用や注意点

滅多に重い副作用はありませんが、間質性肺炎と肝障害が報告されています。
ただ、これは長期間服用した場合で用法・用量を守れば、問題ありません。

加味逍遙散 (かみしょうようさん)

血液循環をよくしてホルモンのバランスを整える漢方薬です。血流をよくして体をあたためる「生姜」、上半身の熱をさます「牡丹皮」、痛みをやわらげる「薄荷」「芍薬」、無駄な水分を取り除く「当帰」、滋養作用をもつ「茯苓」などで構成されています。

加味逍遙散の配合生薬

生姜(しょうきょう)茯苓(ぶくりょう)薄荷(はっか)甘草(かんぞう)柴胡(さいこ)山梔子(さんしし)蒼朮(そうじゅつ)芍薬(しゃくやく)当帰(とうき)牡丹皮(ぼたんぴ)

加味逍遙散の効能一覧

生理不順や生理痛、頭痛、倦怠感、不眠、アレルギー性の諸症状などに適します。イライラや不安からの肌荒れやにきびに効果がある他、下半身の症状(膀胱炎、インポテンツなど)にも適応します。また、大きな手術後の不安感を抑えるのにも用いられることもあります。

加味逍遙散に適応する体質

比較的体力がなく虚弱で疲れやすい人に向きます。

加味逍遙散の副作用や注意点

配合生薬の牡丹皮が、妊婦によくない影響を及ぼす可能性があります。大量でなければまず心配ありませんが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。

また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

白虎湯 (びゃっことう)

体の熱を覚まし、体中の痒みを鎮める漢方薬です。主薬の「石膏」は、硫酸カルシウムを主成分とする天然の石で、熱や炎症を引く強い作用があるといわれます。また、「知母」「粳米」にも熱を覚ます働きがあり、これに緩和作用のある「甘草」が配合されています。

白虎湯の配合生薬

知母(ちも)甘草(かんぞう)石膏(せっこう)粳米(こうべい)

白虎湯の効能一覧

体が熱いときや手足の発赤、痒み(アトピーなど)、異常にのどが渇く、多尿、またそのような症状を伴なう糖尿病に用います。

白虎湯に適応する体質

比較的体力のある人に向く処方です。

白虎湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

荊芥連翹湯 (けいがいれんぎょうとう)

体の熱や腫れをひき、血液循環をよくする漢方薬です。熱や炎症をさますもの、病因を発散させるもの、痰や膿を排出するもの、あるいは血流をよくする生薬などがいろいろと配合されています。

荊芥連翹湯の配合生薬

桔梗(ききょう)枳実(きじつ)薄荷(はっか)甘草(かんぞう)黄柏(おうばく)柴胡(さいこ)山梔子(さんしし)防風(ぼうふう)連翹(れんぎょう)黄芩(おうごん)黄連(おうれん)荊芥(けいがい)地黄(じおう)芍薬(しゃくやく)当帰(とうき)川芎(せんきゅう)白芷(びゃくし)

荊芥連翹湯の効能一覧

蓄膿症や慢性鼻炎、扁桃炎、炎症をともなうニキビや湿疹などに適応します。

荊芥連翹湯に適応する体質

筋肉質で手足の裏に汗をかきやすい人。血の巡りが悪く、皮膚が浅黒い人に向いています。

荊芥連翹湯の副作用や注意点

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

黄連解毒湯 (おうれんげどくとう)

体の熱や炎症をとり、病気の進行を抑える漢方薬です。主薬の「黄連」をはじめ4種類の生薬が配合されており、いずれも熱や炎症をしずめる効果があります。

黄連解毒湯の配合生薬

黄柏(おうばく)山梔子(さんしし)黄連(おうれん)

黄連解毒湯の効能一覧

顔が火照る、イライラ感、不眠、動悸、胃炎、肩こり、めまい・耳鳴り、などに効果があります。また、体が温まると上半身に出てくるアトピーにも適用します。

黄連解毒湯に適応する体質

体力がある人で、のぼせ気味、また血圧が高めの人に向いています。

黄連解毒湯の副作用や注意点

滅多に重い副作用はありませんが、間質性肺炎と肝障害が報告されています。万が一、咳をともなう呼吸困難、発熱、ひどい倦怠感、白目が黄色くなる、といった症状があった場合はすぐに薬剤師に相談してください。

越婢加朮湯 (えっぴかじゅつとう)

腎炎、関節リウマチなどに用いられる漢方薬です。交感神経を刺激し、病気の原因を追い出す「麻黄」、熱を下げる効果のある「石膏」、無駄な水分を取り除く「蒼朮」その他、体を温める「生姜」などで構成されています。

越婢加朮湯の配合生薬

生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)麻黄(まおう)甘草(かんぞう)蒼朮(そうじゅつ)石膏(せっこう)

越婢加朮湯の効能一覧

腎炎、ネフローゼ、痛風、関節リウマチ、喘息などに適応します。体の熱や腫れ、痛みを発散させて治します。

越婢加朮湯に適応する体質

体力がある人で口が渇きやすく、尿量が減少している人に向いています。 また、浮腫みなども処方の目安になります。

越婢加朮湯の副作用や注意点

「麻黄」には、心臓や血管に負担をかけるエフェドリン類が含まれます。そのため、高血圧や心臓病など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる必要があります。また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。